ジムで筋トレをするメリット&デメリット【マッチョへの第一歩】

初心者必見

今回はジムに通っていて思うジムに通って筋トレをするメリット&デメリット【マッチョへの第一歩】を紹介します。

もしこれからジムの入会を迷っている方や、自宅トレーニングをしていてジムのメリットとデメリットを知りたい方はぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ジムで筋トレをするメリット

①マシンが充実している

ジムにはたくさんのマシンが置いているので、鍛えたい部位によってマシンを変えることができます。

自宅でのトレーニングにはマシンを置くスペースや器具の種類に限界があるので、器具が多く置いているジムの方が体を鍛えるうえでは大きなメリットになってきます。

②強制的に頑張れる

自宅トレの場合は自分で自由に時間などを決めることができるので、つい甘えが出てしまいトレーニングをサボる日が出てしまう可能性が考えられます。

ジムに入会してしまえば、入会費や月会費が発生するので、ジムに行かないと「もったいない」という状況が生まれます。
そのような状況を作ることで強制的にジムに行こうと思えます!

③刺激がもらえる

ジムには男らしいマッチョな男性や綺麗な細い体をした女性達が大勢います。
「カッコいい!」「綺麗!」と思うことは間違いなく自分にとってよい刺激になります。

そこでトレーニングのモチベーションも上がりトレーニングの効率も上がればさらに良いでしょう。
自宅トレーニングでは一人で黙々とおこなうことが多いので、ジムにしかないメリットの一つでしょう。

④ジムにはトレーナーが在籍している

特に筋トレ初心者の方は最初に何から始めていいかわからなかったり、マシンの使い方なども知らないことがたくさんあると思います。
ですが、その不安をジムのトレーナーさんが解消してくれます。
マシンの使い方、おすすめのメニュー、筋トレの豆知識などわからないことがあればジムのトレーナーさんが丁寧に教えてくれるので初心者の方は特にジム入会をおすすめします。

⑤伸び伸びトレーニングができる

自宅トレーニングの場合は「マシンの音」や「追い込んでいるときの自分の声」など近所迷惑になっていないかや「部屋を傷つけないよう」に気を使ってトレーニングしないといけません。

ジムの場合それらを気にせずできるので伸び伸びトレーニングに集中できるのでおすすめです。

ジムのマナーが悪い人の特徴5選【あなたは守れていますか?】↓

ジムのマナーが悪い人の特徴5選!【あなたは守れていますか?】
   

⑥シャワーやお風呂が完備されている

ジムによってはお風呂やシャワーが完備されているところがあります。
無料で施設を利用できるジムもあれば、有料で貸し出ししているところがあるので入会前に前もって確認をしておきましょう!
ジム後のシャワーやお風呂はかなり気持ちがよいので体がスッキリして家でもう一度入る必要もなく手間がはぶけるのでおすすめです!

スポンサーリンク

知っておきたいジムのデメリット

①時間帯によってはマシンが空いていない(混雑する)

これはジムによって置いているマシンの台数によって変わります。
混み合う時間帯は人気なマシンが埋まりやすいので、ジムの入会前に前もって混み合う時間帯とマシンの台数は確認しておきたいポイントです。

②時間とお金がかかる

まずジムに入会したらジムに通う時間を確保しなければいけません!


自分が「継続」して続けれるように無理のない範囲で時間を確保しましょう!

ジムは基本的に入会費・月会費がかかります。ジムによって値段が大きく変わるので、入会前に自分で気になるジムのリサーチをしっかりしてから、入会手続きを行いましょう!

ジムの選び方で知っておきたいポイント6選!↓

ジムの選び方で知っておきたいポイント6選!
今回は“ジムの選び方で知っておきたいポイント6選!”をご紹介していきます!初めてジムに入会する方ジム選びで失敗したくない方ジムに興味がある方そんな方は入会してから後悔しないように是非参考にしてみてください!ポイント①:営業時間必ず営業時間は
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回はジムで筋トレをするメリット&デメリット【マッチョへの一歩】をご紹介しました!

自宅トレーニングが決して悪いわけではなく、マシンの種類や設備の違いにはジムに勝てない部分の方が多いので、初心者の方は特に筋肉を効率よく鍛えるためにジムに通うことをおすすめします。

これからジムに入会をしようと思っている方はぜひ参考にしてください!

痩せるのは当たり前。人生を変えるボディメイクをしませんか?【BEYOND】



コメント

  1. […] ジムに通いをおすすめするメリット6選!【自宅トレでは限界がある?】今… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました