パワーグリップの正しい使い方と4つのメリット!(初心者必見!)

おすすめアイテム

今回はトレーニング中に使うパワーグリップの正しい使い方と4つのメリットについてご紹介していきます。

特に筋トレ初心者で『トレーニングの質を向上したい方』には必見ですのでぜひ最後までチェックしてください。

スポンサーリンク

パワーグリップの使い方

パワーグリップとは両手首に装着してダンベルやバーベルにグリップを巻きつけて使うアイテムです。
主にグリップ部分で滑らないように握力のサポートをしてくれる役割を担っており、無駄な力を使わずに重たい重量を扱えることができます。

筋トレを始めた当初は扱う重量も軽くて良いのですが、トレーニングを続けていると徐々に扱う重量が重たくなり、狙った筋肉が疲労する前に自分の握力がもたない。ということが一度はありませんか?
その握力の低下を防いでくれるアイテムがパワーグリップなのです。

スポンサーリンク

パワーグリップは絶対に持っておくべき?

結論から言うとパワーグリップは『持っておくべき』です。
特に筋トレ初心者の方はトレーニングのフォームが安定せずに無駄に力が入ってしまい、狙った筋肉に対して刺激が効かせられない場合が多くあります。
パワーグリップを使用することでグリップ部分でしっかり滑り止めの役割をしてくれるので、無駄な力を使わずに握力の低下を防ぎながらトレーニングが可能になるので持っておくべきアイテムです。
中級者以上の方ならパワーグリップを既に持っている方が多いかと思いますが、まだパワーグリップ持っていない方はぜひ一度使ってみてください。
トレーニングの質ががらっと変わりますよ!

スポンサーリンク

パワーグリップの4つのメリット

滑らない

パワーグリップをダンベルやバーベルに巻きつけて挙上することでグリップ部分との摩擦の関係で手が滑らなくなり、高重量を扱えやすくなります。
特にチンニング(懸垂)とデットリフトで手が滑ったり握力がもたない方には使ってもらいたいアイテムです。
チンニング(懸垂)の場合は回数が伸びたり狙っている広背筋や大円筋にしっかり刺激を効かせられることができます。
デットリフトの場合はBIG3の一つで重要なトレーニングですので、高重量を扱うことが多く握力がもたない方はパワーグリップを巻きつけて行うことで、握力をそんなに使うことなく狙った脊柱起立筋などに効率よく刺激を効かせれることができますよ!

マメができずらくなる

トレーニングで強くダンベルなどを握りこむことで、手の平に徐々に硬いマメができてきます。
マメができると痛みが出て握力の低下に繋がりトレーニングの質が落ちてしまいます。
ですが、パワーグリップを使うことで手の平をグリップ部分が守ってくれるのでマメができずらくなります。

マメができない訳ではない

いつもより高重量が扱えやすくなる

デットリフト(背中のトレーニング)で高重量を扱う際に10回を上げる前に握力が先に落ちてしまい手の平が痛かったり滑ってしまったことはありませんか?
パワーグリップを使えばその心配はありません。
手を強く握らなくてもグリップ部分でしっかり滑り止めの役割を果たしてくれるので、手の平が痛くなったり滑ってしまうことはなく高重量を扱えやすくなります。

トレーニングの質が格段と上がる

これは実際にパワーグリップを一度使ってもらえばわかります。
今まで持つことが精一杯だった重量や無駄に力が入り狙った筋肉に刺激を効かせられない。などの悩みを解消してくれるアイテムですので、まだパワーグリップを持っていない方はぜひ購入することをおすすめします。
トレーニングの質が格段と上がりますよ!

効率よく筋肥大させたいあなたへ↓

効率よく筋肥大させる方法【初心者必見!】
今回は“効率よく筋肥大させる方法!”をご紹介します。しっかりトレーニングをしているのに筋肉の成長を感じない方や、今以上に筋肉を成長させたい方は参考にしてみてください!結論:高重量をあつかい、筋肉を慣れさせないこれに尽きます...
スポンサーリンク

パワーグリップが使える王道メニュー

背中トレ

・デットリフト・チンニング(懸垂)・ローイング種目

パワーグリップは背中のトレーニングが1番使える幅が広いです。
背中のトレーニングは『引く』動作が多く握力を使いやすくダンベルやバーベルが滑りやすい種目です。
背中が弱点で背中の「広がり」と「厚み」を出したい方には特におすすめです!

肩トレ

・サイドレイズ・フロントレイズ・リアレイズ

パワーグリップは肩トレでも活躍します。
レイズ系の種目でダンベルを強く握りこむ必要がなく引っ掛ける感覚でトレーニングができるので、初心者の方には少し難しい肩のトレーニングでもしっかり刺激を肩(三角筋)に効かせられることができます!

カッコいい逆三角形の背中にする方法↓

背中を逆三角形にするおすすめメニュー!
背中を逆三角形にするおすすめ筋トレメニュー!をご紹介していきます。絶対知っておくべき背中の解剖学背中を鍛えるうえで代表的な僧帽筋や広背筋、大円筋などがありますが、実は背中の筋肉はそのほかにもたくさんあります。例えば僧帽筋の深層にある菱形筋や
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は“パワーグリップの正しい使い方と4つのメリット”をご紹介しました!
パワーグリップを使うことで、手の平からダンベルやバーベルが滑ることなく高重量が扱いやすくなりトレーニングの質が向上します。
主に「背中トレ」「肩トレ」で機能を発揮するので、今以上にトレーニングの質を上げてさらなるレベルアップを求めているトレーニーの方には必見のアイテムです。
まだパワーグリップを使ったことがない方はぜひ一度パワーグリップを使ってみてください!

肩のフロント(前部)おすすめメニュー↓

肩のフロントを効率よく鍛える筋トレおすすめメニュー!【初心者必見!】
<初心者必見!>肩のフロントを効率よく鍛える筋トレおすすめメニュー!をご紹介します。肩のフロントって何?肩のフロントとは三角筋の『前部繊維』を意味します。肩(三角筋)の筋肉は「フロント」「サイド」「リア」の3つに分...

コメント

  1. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  2. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… 背中トレ シェアする Twitter Facebook はてブ LINE mk699337をフォローする mk699337 筋トレ×解剖学 […]

  3. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… 背中トレ シェアする Twitter Facebook はてブ LINE mk699337をフォローする mk699337 筋トレ×解剖学 […]

  4. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  5. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  6. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  7. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  8. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  9. best erectile dysfunction medication erectile dysfunction remedies best erectile dysfunction medication http://toperectiledysfunctionpills.com/

  10. […] パワーグリップの4つのメリット【トレーニングの質を向上したいあなたへ… […]

  11. […] パワーグリップの正しい使い方と4つのメリット!今回はトレーニング中に… […]

  12. uei kratom より:

    I think this is one of the most significant info for me. And
    i’m happy studying your article. But want to statement on some normal issues, The site style is great, the articles is in reality excellent : D.
    Good task, cheers
    uei kratom uei kratom

タイトルとURLをコピーしました